FC2ブログ
See more details
Title List

意識の偏り・固まりと学者魂

私が通っている整体の先生は「意識が脳の誤作動を引き起こし、脳の誤作動が体の不調を引き起こす」という考えの下に施術をしてくださいます。

体の不調を引き起こす意識というとネガティブなものを連想しがちですが、「探究心」「慈悲心」といったポジティブに分類される意識も原因となり得るらしいです。
私は知識を得たがる学者魂なので、不調の原因をキネシオロジーで突き止めると「探究心」が出てくることがしばしばあります。

私は体の不調は体からの「あんたのその意識は不味いよ」というサインだと認識しているので、上記のようなポジティブな意識にどういった不味さがあるのかずっとわからなかったのですが、「一つの意識に偏る、固まる」のが不味いのではないかという結論にひとまず至りました。
一つの意識に偏り、固まると他の考え方や感じ方を受け付けることが難しくなるので、それは不味いと体が教えてくれてるのではないかと思います。

そこで思い出したのが「学者魂は頑固」という他の役割の方からの意見です。
「戦士!一夢庵」の記事によると、学者魂は
・知識や情報を収集することを好む。
・経験や情報収取を体の運動感覚や筋肉を使って行う(書物に囲まれて思考をめぐらすのではなく)。そのために筋肉や骨の痛みなどの肉体的な諸症状に悩まされる機会が他の役割よりも多い。(中略)それらの知識や経験を体の中に溜めこむ必要はないことに気付くとそれらの症状が緩和して治まり、気持ちも解き放たれることがある。

という特徴があるそうです。
学者魂が頑固なのは、収集した知識や情報を自分の中に記録しようとする過程で意識が凝り固まってしまい、それゆえに言動や行動にもその凝り固まりが現れるのではないか?と「意識が偏る、固まる」ということから思いつきました。
また、そうした意識の凝り固まりが起きやすいために肉体的な諸症状が出やすいのかもしれないとも思います。

本来は学者魂は「中立」の立場であるはずなので、意識においても一つのもの(感情、情報など)に固執することなくさらりさらりと中立でいるのが健康にも良いのかもしれないと思い、先日からできることを実践しています。
これまで一つの意識に気の済むまでどっぷり浸かってから抜け出していたのが、自分がどういう意識でいるのか自覚出来次第早めに切り離すように変えただけですが、今のところいい感じだと思います。
引き続き実践と観察を行ってみます。

スポンサーサイト



腎臓

一つ前の記事の「飲水法」に行き当たったのは、
エドガーケイシーの?臓器に関する参考になる考え方を知ったからなのでした。

ケイシーの考え方を取り入れているらしいこちらのお医者さんが言うことには
肝臓は怒りを感謝に、腎臓は恐怖を安心に変えるくれる器官ですが、
小腸は恨み辛みを消化して慈愛の心に変える働きをしている

のだそうです。

私は小学生の頃からたまに健康診断の腎機能で所見が出ます。
(そして、詳しく調べると治療するほどではないと言われます。)
恐怖と安心については今も自分が取り組むべきテーマなのですが、
小学生の頃から自分が抱えている色々な恐れや不安な気持ちを
腎臓が一生懸命処理してくれていたんだなあと、
上記の考え方を知って納得したのでした。

本当にありがたいなあ…と思うとともに、
なるべく腎臓(他の臓器にも)に負担をかけない自分になりたいなと思います。

飲水法

水を飲むことの大切さは知っていたつもりでしたが、
あらゆる面で体の調子を整えるのは知りませんでした。
病気を治す飲水法


以下、上記リンク先より引用

バトマングリジ博士の飲水法

個人別1日に飲む水の必要量:
体重(キロ)の30分の1リットル以上飲むこと。
(例:体重45キロなら1日に飲む水の量は1.5リットル)

水の飲み方:
毎食30分前にグラス1杯、2時間半後にグラス1杯飲むこと。
慣れてきたらできればグラス2杯、飲んだ方がよい。

注意
飲水法を行つてよいのは腎機能が正常に働いている人。
飲水法と同時に、天然塩を必要量とることを心がけること。

(引用ここまで)
※天然塩は水2リットルにつき2〜3グラムが目安のようです。


上記リンク先の記事の中に「インフルエンザが1日で治った」と書かれていたので
試しにロッドに確認したら「コロちゃんの発症予防にも効果あり」とのことでした。

元々エドガーケイシーの飲水法について調べていたのですが、
ケイシーは同じやり方で、2リットルの水量を提唱していたようです。
水量については個々人の体の使い方や状態で判断するのが良さそうです。

体の調子を整えるのはもちろん、頭の働きも良くなるようなので
試しにやってみようと思います。

めんえきくん

ifさんからめんえきくんをいただきました。

先日、通っている整体の先生から
「人差し指と薬指の爪もみをすると良い」と
アドバイスをいただいていたのでちょうど良いものをいただきました。

そんなアドバイスをいただいていたのでふと気になったのが、
めんえきくんのパッケージに
「薬指は除いて爪もみをしてください」と表示されていたことです。
調べてみたところ、薬指だけは爪もみで交感神経が刺激されるそうですが、
副交感神経が優位の方がリンパ球が増えて免疫力が上がるそうです。
薬指の爪もみにも特定の効果はあるみたいですが、
免疫力を上げるという観点からすると避けた方が良いという判断なのかもしれません。


ちなみに、私が整体の先生に薬指の爪もみを勧められたのは
薬指に「三焦経」(さんしょうけい)という経絡があるからだと思います。
施術の際にそこが滞っている、と言われたので。

こちらのサイトによると
三焦というのは、先天の原気(生まれつき持っている生命エネルギー)に加えて、
呼吸や食事によって後から取り入れたエネルギーを混じえて
後天のエネルギーを作り出す内臓全体の働きを指します。

ですから、三焦経のツボへの治療は、
側頭部や耳、目の症状に効果があるばかりでなく、
内臓全体を調えて生命力を強くする働きがあります。

とあります。

ロッドに確認してみたところ、
生命力を強くすることは免疫を上げることにも繋がるので
内臓に不調を抱えている方は薬指の爪もみも有効とのことです。

ただ、交感神経活発化スイッチを押してしまうことにもなるので、
そのあたりは自分の体の様子を見ながら調整するのが良いように思います。
交感神経がずっと優位であることが原因の内臓の不調だったら
火に油を注ぐことになるんじゃ?とも思いますし。
(素人なので単なる想像ですが)


自分の体の状態を見つつもみもみしたいと思いますw
ifさん、ありがとうございました。

念力爺

ぐれん「念力爺」を読んで思い出したことがあります。
(大丈夫とは思いますが念のため、お食事中の方は注意です。)


今年の3月半ばにこの動画を知ってからほぼ毎日視聴しているのですが、
視聴し始めてから下痢をしなくなりました。
それ以前は波はあるものの、割とよく下痢していました。

きっと爺様の念力効果だ…と有難がっているのですが、
動画をきっかけに自分の体に対する認識が変わったからというのもありそうです。

動画の中に「効果はありましたか?(効果として)お腹がグウグウ鳴ったり…」
といった文章があるのですが、
それを読むまでの私は「お腹が鳴ること=下痢の兆候」と捉えていたので、
初めてそれを読んだ時は目から鱗でした。
そして、「お腹が鳴ること=回復の兆候という可能性もある」
と認識できるようになったので、お腹が鳴ることによる変な警戒心が解けました。
お腹が鳴っても「お腹が動いてるなあ」くらいにしか思わなくなりました。
そして、そういえば最近は以前に比べてほとんどお腹が鳴っていません。

というわけで、おそらく爺様の念力と体への認識を変えるナイスアシストのお陰で
以前より穏やかになった私のお腹です。
動画の最後に「視聴者の方に幸あれ」というニュアンスのことが書かれているので
「爺様にも幸あれ!」と心の中で返すのがデフォになっています。

Recent Pics