See more details
Title List

無意識からの(らしい)

あやにゃんさんところのブログ記事にコメントしたのですが、
改めてそのコメントを見返したら「(らしい)」が複数ありました。

歯軋り歴、子供の頃から現在まで更新中(らしい)です。
数年前からたまにですが知覚過敏症状もあります。
放置してたらやっぱり歯と歯茎によろしくないんですね。
定期検診に行くときに私も歯科医に相談してみます。

ちなみに歯軋りはストレスの解消手段の一つと聞いたことがあります。
起きている間に解消できなかった分を睡眠中の歯軋りで解消しているそうな。
自己表現を人に比べてしない(らしい)私はさもありなんだと思いました。


歯軋りについては睡眠中のことなのであやにゃんさんに同じく「分かんねーよ!」で
置いておくとして。
人に比べて自己表現をしない点は、最近会社で言われたことでようやく自覚して、
その自覚がミの次元まで達してないから「らしい」となっています。
それまでは自分がそうであると全然気づかなかったです。
気付かないレベルで当たり前になっているところに自分の本質もいるのですが、
自分の平常営業って、なかなか意識化しづらいんですねえ…。
そのことを変だと思うことがあればまだしも、そうじゃないことは本当に意識化しづらいです。
PANDORAで言われている「無意識を意識化する」というミッションに取り組んで
もう5年以上は経つのですが、ここまでで私が意識化できているのは
ほんの氷山の一角に過ぎないのかも、と最近思えてきています。

「何かないと人は(よっぽど賢い人を除いて)気付けない」のは本当ですね。
自分のことを何がしか言ってくれる人というのは、言われた内容の真偽に関わらずありがたいです。
真偽の検証は自分ですれば良いから。

スポンサーサイト

神はケもないうちから知らせている

とは本当だと、自身の経験より確信しました。

前回の記事を書いた後、En"Dolphin"のカード一枚引きを引いたところ
以下の結果が出ました。

Deep Dive ~深い潜水~
深く潜水することで、私たちは自分自信の心の奥深くに到達し、熟考したり、
問題解決策を見つけたり、人生の目的や探求のビジョンを見たりします。
私たちの無意識への旅、そして隠れた秘密や宝物を見つける旅。
人生において、深く熟考したり、人生の謎について考えたりすること。
物事の枠組みに私たちが順応する方法を考えること。
今、とても深刻に、または一時的に沈んでいたり、落ち込んでいる状態にあるかもしれません。

実はこの結果、以前から結構な確率で私の元へやってきていたものでして。
(おそらく2/3くらいの確率くらいで引いていた気がします)
ずっと神(高次元の存在)は「もっと深く思考しろ、本当の無意識を意識化しろ」
伝えてくれていたんだなあ、
それを私がきちんと受け取れていなかったんだな、とハッとしました。

どうにも切羽詰まらないと動けなかったり、気付こうとしない、わかろうとしない
自分がいるので、それを改めるために一連のことは起きたようにも思えます。
「ケもないうちからの知らせ」に気付き、知らせを有効活用できる自分になっていきたいです。

やっと、少し見えた

「自分の本当の欠点は自覚できない」
ということを知ったのが1年以上前の問題集。
その時は「そうなんだ…」ともう一つピンと来ず、
ひとまず情報として仕入れておくことにしました。

それから1年以上経った今。
「自分の本当の欠点は自覚できないとはこれか!」と、
やっとその片鱗を掴もうとしています。

それに気付いた出来事は、一つは自分の魂の役割の考察。
もう一つは日中の仕事で。
どちらも一つ納得できたらそこで結論としてしまい、
その先はないのか?さらに考えるべきことはないのか?
ということを思いつきもしませんでした。
思考が途中で止まっていたのです。

日中の仕事ではミスをしてそのことに気付いたのですが、
そのミスはその時が初めてではなくて、
それまでにやらかしたときは「見落とし、うっかり」としてみなしていました。
確かに見落とし、うっかりもミスの原因としては正解なのだけれど、
この事象が出てきたら、さらにやるべきことがあるのでは?と
思考を進める癖があれば防げるミスであるということに気が付きました。

私は自分のことを「うっかり者」として片付けていましたが、
その実は「思考が止まっている」だったんだなあ…と、自分で自分に驚きました。
本当に、自分の本当の欠点は自分では見えないんですね!

魂の役割の件で「思考が止まっている」ということを教えてくれたifさんと、
日中の仕事のミスで叱ってくれた上司がいなければ気付かなかったことを思うと、
私はまだまだ賢くないですね。
それを真摯に受け止められた素直さがあったのがひとまずの救いですw
教えてくださってありがとうございます、です。

そしてこの欠点に関しては、その場で思考するべき具体的な内容を
思い付かなくても、思考するべきことがあるかもしれない、
という遊びをひとまず作るようにしようと思います。

再鑑定します(終了しました)

<終了しました。ご依頼いただきありがとうございました。>

ロッド鑑定というものは、鑑定項目への理解度によって結果が変わる。
そして、魂の年齢鑑定を始めた頃の私は今よりも魂の年齢についての
理解が浅かった。
また、ロッドの腕も今より拙かった。
それらのことから、的外れな結果を出してしまった可能性もある。

ということを踏まえて、初期の頃に鑑定を受けてくださった方に
「保証期間」としての再鑑定を、希望する方に無料で行いたいと思います。
対象は今年の9月末までに鑑定を受けた方とします。

メールフォームより、タイトル「再鑑定」として
ご住所、お名前(ふりがな)を明記の上、ご依頼ください。

ご自身でじっくり検証していただくことを第一としたいので、
受付期間は2017年3月までとします。

より精度の高い結果をお伝えしたいという思いと、
未熟な私に依頼してくださったお礼も兼ねています。

よろしくお願いいたします。

魂の役割、検証に関しての覚書

魂の役割について再検証する中であれこれ思うところがあってまとめたいのですが、
現時点ではまとまらないのと、忘れないように覚書としてひとまず残しておきます。
以下、とっ散らかっております。(謎の注意喚起)

************

◆自分の様々な性質がそれぞれ魂の年齢、段階、役割のどの特質に該当するのか、
サを取る必要がある。(私はそのあたりの識別が苦手だと気付いた。)
その前に、自分の持つ性質が自分由来のものか外からのものか、識別しなければならない。

◆魂の役割を洗い出す際に子供の頃の自分は参考にできるが、
その際は親の影響を考慮する必要がある。
私の場合はフルタイムで働く母に代わって育ててくれた祖母の影響を受け、
祖母の性質をコピーするように表現していた可能性がある。

◆魂の役割は私の本質であるがゆえに、空気のように当たり前になりすぎていて
却って本の内容と自分が一致しないように感じた可能性がある。
イマイマにキを入れて、さらに自分の「空気」な部分に触れられるようになりたい。

◆もし私が奉仕者でなかったとしても、生まれてから今日までの私の奉仕者的な面に
納得して、ずっと引っかかっていたことを昇華するきっかけになった。
(とはいえ、この件に関してはさらに上の正解が見えつつあるが。)
役割の結論が出ないならば、各役割と自分を照らし合わせつつ、
自分と一致する部分を見出し、整理することで本来の自分が見えてくるということも
あるかもしれないと思う。

◆再検証の中で自分の奉仕者っぽさが最近なりを潜めているらしいことに気が付いたが、
それは「感謝されたい欲」が減ったことと、「以前より好きなようにやりたくなった」ことが
原因だろうということに気が付いた。
自分らしく生きるためには意識を↑にすることは必要だ、と再認識した。

◆結論に関しては早合点しすぎたかな、とやや反省している。
結論を出しつつもそこで終わりにしない、保留にしつつさらに検証するという「遊び」を
この件に限らず残しておくことは大事だと思った。

役割はどれだ?

自身の魂の役割を奉仕者であると結論づけていましたが、
最近その結論を保留に取り下げ、再検証中のミモリです。

そうなるに至った経緯。

①とある用事を任されたのだが、その用事にかなりの嫌悪感を覚える。
「こんな慣習さっさとなくなれ」と心の底から思うレベルw
しかし、その内容は奉仕者が喜んでやりそうなもの。
「私は本当に奉仕者なのか?」とやや疑問に思い始める。

②魂のチャートはずっと鑑定項目の内容ばかり読んでいたのだが、
10月くらいからようやくオーバーリーフの項を読み始める。
(オーバーリーフとは転生の度に変わる、魂の本質とは異なる自身の性質。)
(上の説明はざっくり過ぎるので、改めてまた記事にします。)
すると、魂の役割のタイプにそっくりなオーバーリーフのタイプがあることを知り、
魂の役割の奉仕者と同じようなオーバーリーフがあることを知る。
もしかして、私の奉仕者的性質はオーバーリーフによるものでは?と思う。

③一夢庵さんにセカンドオピニオンを依頼。
結果「役割:学者」
(ちなみに年齢、段階は私の鑑定と一致していました)

というわけで、魂の役割のうちのどれが自分と完全に一致しているのか
もう一度自分自身を検証しています。
魂の役割の内容と一致する部分があっても、
それは今世で生まれる前に設定した、もしくは生まれてから身にまとった
メッキである可能性もあるということを踏まえての再検証です。
生まれてからの刷り込みについては他の方がたくさん文章化してくださっていたのに、
自分のこととなるとまるで見えてないんだなあ…と感じています。
焦らずじっくり検証しまーす!

Recent Pics