See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーラさんがインド占星術の対面鑑定を行うということで受けてみました。

「私が今の会社にいる意味は何か?」ということを訊こうと思ったのですが、
インド占星術には適さない質問とのことだったので
「ロッドだけで食べていけるようになるか?」という質問にしてみました。
(この質問に至ったのにも前フリがあるのですが、こちらは後ほど。)

結果は一言で言うと「今はまだその時期じゃない」でした。
現在の私は土星期という時期で、
困難を基に力をつけていく時期なのだそう。
土星期の次の水星期に入れば鑑定を仕事にする流れが向いてくるそうですが、
まだ10年くらい先のことなのだそうです。

ちなみに現状として「部下の立場として厳しい環境に置かれているのでは」と
言われましたが当たっています。
鑑定時に思い付いたのは本業の方ですが、後から思えばロッドの方も
if王からの難題にヒーヒー言ってる現状があるので当たっていますねw
(ちなみに、その難題のおかげで意識レベルが上がったところが大いにあるので
 至極感謝にござりまするぞ。ホント。)

初めて聞く言葉が多かったので頭が今一つ追いついていませんでしたが、
それも含めて面白かったです。
リーラさんありがとうございました。

そして、私の方もかつきちさん公開処刑サンプル鑑定と
集団鑑定の機会をいただき、皆様どうもありがとうございました。
鑑定の後にロッドがサクサク動くことについて触れられましたが、
実は私もあそこまでサクサク鑑定できると思ってなかったですよ。
あの時はいつもより多めにサクサク動いてまして、
帰宅してから「あれ?いつもはあんなにサクサク動かないよね?」
ということに気付きました(遅)。
お話会という場の空気(波動?)もあったかとは思いますが、
いつもより集中力が増していたので
そうか…集中していればもっとサクサク動くのか…とハッとしました。
集団鑑定は鑑定内容が一定なのでなおさらですね。

そこに気付けたので、シーズン2の集団鑑定はシーズン1よりサクサクできました。
一人でやっていると気付きにくいので、気付くきっかけをありがとうございました。

スポンサーサイト
ゲルマニアさんがふんどしぱんつを販売していたので、
トップページの写真に載っている豆絞り柄のものを購入しました。
早速はいていますが締め付けがなくて気持ちいいのと、
普通のパンツ感覚ではけるので楽です。
そして早速洗い替えが欲しくなっているので、ぜひ再販してくださると嬉しいです。

ついていたおみくじは「声」。
当初はなんのことかわかりませんでしたが、
帰宅後風邪をひいて何もする気になれない状態になってやっと
「体の声を聴け」ってことだったかと納得しました。

そして体に限らず、自分の心や周りの声を
しっかり聴きなさいということでもあるのだろうと思いました。
自分は何が好きで何が嫌いで、今何を思っていてどのように感じているのか
しっかり意識化することや、
周囲の声を音声としてではなく意味するところをしっかり捉えること。
一言で言うと「イマイマにキを入れよ」ということだと思います。

また、自分の言わんとすることが伝わるようしっかり声を出しなさい
ということでもあるような気がしました。
肺活量が低いため声が小さめなのですが、
(昔病院で測った時、看護師さんに「真面目にやってください」と言われるレベル)
ここ最近やたらと聞き返されることが多かったり、
友人から「仕事を通して声が出せるようになった」という話を複数聞く機会があったのは
私もやれば声を出せるようになるのだからあきらめずにやりなさいという
上の存在からのメッセージなのかもしれないなあと思いました。
また、声量のことだけではなく、自分の意思をハッキリ伝えなさいという
意味もあるように思います。
そんなことを思いつつ先ほど居間に行ったらテレビでサ●エさんが
「遠慮しなくても良いのよ~あたしの声は大きいんだから」と言ってて
思わず二度見をしてしまいましたw

というわけでロッドで確認したら、その2つの解釈で良いそうです。
①さまざまな声をイマイマにキを入れて聞きなさいということ
②自分の声をしっかり発信していきなさいということ

以上です。(いつもの検証文風に)

京都お話会①「箱作り」

6/10、京都お話会に参加してきました。

メイン企画の箱作りは童心に返っていました。
初心者でもほぼ難なく作れて、でも達成感も味わえる
キットの「ちょうどよさ」を後になって気付き、そういう部分を考えつつ
あの量と質のキットを苦を感じることなく作ったあやにゃんさんは凄いなーと思いました。
当日の講習も含めお疲れさまでした。ありがとうございました。

箱の製作中、隣席のひろさんが何度も「作り方に自分の心の姿勢が出る」
と言っていたのでそうかもしれない、と思いつつ自己観察していました。
そして出した結論
「私の仕事は黙々な作業と自己満足と行き当たりばったりでできている」(爆)
先々のことを考えず、今目の前の作業が楽しいなあ!ということをやっていた結果、
的確にやっていればする必要のない帳尻合わせを多々するハメになりました。
(折り込む布がやたらと余ったりボンドが人一倍足らなかったり)
日頃から物事を先々まで見通しつつそれに見合った行動を起こすことが
苦手だと感じていましたが、やっぱりそうなんだなーとハッキリ自覚できました。

そして、そんな私にはあやにゃんさんの「大丈夫!」がかなり効きました。
考えなしと不器用で昔からこういう手作業ものは大抵何かやらかしていて、
その度に劣等感と「ちゃんとやらなきゃいけないのに…!」という焦りを
積み重ねていたことを箱を作りながら思い出していたのですが、
あやにゃんさんの「大丈夫!」によって
そういった感情の蓄積からへこたれていたインナーチャイルドが癒されました。
ありがたや。

そんなこんなでできた箱がこちら。
hako.jpg

「ifさんの絵がちょうど収まる」と聞いていたので入れてみました。
hako2.jpg

ボンドが乾いたらゴムバンドをはめるということを忘れていた結果、
天使の少年が若干|д`)д`)チラリズム状態になってますがまあいいや。

そして、いざ後日乾燥まで終えて完成したものを見ていたら
「ここがもうちょっとこうできたのになー」と改善点をあれこれ感じました。
実はもうちょっと若かりし頃は出来上がったことに満足して
そういうところまで思いを馳せなかったので、そう思った自分に驚きました。
仕事を楽しみつつも自己満足だけに終わらなくなってきつつあるのかもしれません。
以前あやにゃんさんがブログで着物の畳み方について
「折り目正しく畳んでいたら美しいし楽」といったことを書いていて
仕事が雑な私はこうなりたいな、と思ったことを思い出しました。
現状は自己満足さが優位であるものの、
少しずつ思ったことが実現へ向かっているのかもしれません。

なにはともあれ楽しかったです♪

取り急ぎ御礼

京都より帰宅後風邪をひいてしまいまして、
お話会の記事が延ばし延ばしになっています。すみません。
(先週から若干喉が痛いなーと思いつつ、放置して遊んだのが最大の原因)

取り急ぎ主催のifさん、幹事のMさん、zabaさん、
講師のあやにゃんさん、そして参加者の皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました!

そしてお話会前に私の本業がつつがなく完了できるよう
祈ってくださった皆様もありがとうございました!
おかげさまで終わらせなければならないことは無事完了させてから
お話会に来られました。

ではでは、お話会の詳細の記事は今しばらくお待ちください…_ノ乙(、ン、)_

お休みのお知らせ

6/9~6/11までお休みをいただきます。

この間のご依頼につきましては、6/12以降に対応いたします。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。


続きを読む

磨くと削るは

紙一重だなあと思う今日この頃。
魂を、という面において。

苦を楽しむと磨かれて、
苦を苦しむと削られるのかなと感じています。

Recent Pics

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。