FC2ブログ
See more details
Title List

「弥栄」の概念(1/26追記あり)

お待たせしました、Lykeion8 7番さんへの回答です。
当初UPした記事を見直すと不十分な回答であると感じられたので
追記、訂正しています。

回答において「定義」「概念」という言葉を使っていますが、それぞれ
定義=その言葉の持つ根源的な意味
概念=その言葉の持つ、定義よりは漠然としたイメージ
と定義しています。

その上でまず「弥栄」の定義について述べておきます。
「弥栄=常に栄えていく」という意味から、まず大本として
「昨日の自分であってはならん」(by日月神)という状態が必要だと思います。
なので私は弥栄の概念を
「常に栄えること、今の自分をこれまでの自分より高いレベルで更新できていること」
と定義しています。

その上で、「弥栄」という概念には様々なレベルがあると考えています。
一つ具体例を挙げると、今の私は弥栄について
「自分自身を高めるために、自身の中の『悪』を抱く」という概念を持っています。
でも、「自分自身を高めるために、自身の中の『悪』を撲滅する」と弥栄を概念づける人もいます。
(昔の私ですが)
「撲滅する」という意識でも自身の悪を直視する姿勢があるので、ある程度は弥栄できます。
しかし、「撲滅する≠抱けない」という状態では弱い善人からは抜け出せないので、
どこかで行き詰まりになってしまいます。
そこで省み、「抱く」という意識に転換するとまた新たなレベルの
「弥栄」のステージが開けていくという具合で人は弥栄していくのだろうと考えています。

上記は具体例の一つですが、「弥栄」は万事こういった形のようなので
私の持つ概念も日々変化しているように思います。
変化の中で廃れ行く概念と生まれ来る概念の両方が発生していますが、
今の私の中で生まれ、熟成へ向かっているのは以下の概念だと思います。
(思い付く限りなので、思い出せばもうちょっとあるかもしれません。)
・清く富んでいく
・大難は小難に、小難は無難になっていく
・抱いた悪を時と場合によっては敢えて使いこなせるようになる

回答になっているでしょうか?
言葉の使い方がまだまだ甘いために自分の発した言葉の意味から再検討するという
ことになってしまっており、時間がかかってしまいました。
なんだかまだ不十分な気もしていますが、考え込んでお答えできないままなのも不味いので
ひとまず今の私に答えられる限りの回答をしました。
気になる点がありましたらご質問ください。
考えるきっかけをくださり、ありがとうございました。

スポンサーサイト



タンザナイト

En”Dolphin”のお年玉企画が届きました。

20180115233348d26.jpeg
「タンザナイト」という石です。

メッセージは「過去からの習慣的な考え方によることなく、物事の持つもっと深い意味を捉えるように」。
仕事をしていて、今の自分の感じ方を超える感じ方を獲得しないと根本的な解決には至らないと思う事案と
対面していたのでアドバイスをくれたようです。

あと、お守りとして用いるなら「過去の失敗を乗り越えたい時」に有効なのだそう。
最近、そろそろなんとかしなければと思っていた過去の失敗による傷があります。
「自分が物事がわかっていなかったために大切な人に迷惑をかけ、結果その人に見放されてしまう。」
というものです。
幼児園児の頃にやってしまった失敗なのですが、その後もここまでではないものの
似たような失敗を繰り返してきたのでまあまあ根深く心に残っていて、
その時の感情がたまにぶり返して苦しくなることがあります。
先日それで苦しむ最中にやっと「分かろうとする姿勢があれば失敗を繰り返すことはない」
ということに気付いたので収束の方向に向かうだろう…とは思いますが、
このタンザナイトはそんな今の私のサポートに来てくれたように思います。

と思っていたところで印象的な夢を見ました。

誰かが私にYouTube の動画を見せている。
その動画が、元々呪いの動画だったものの現在は見た人が幸せになる動画に変貌しているという代物。
私にその動画を見せる存在は「これは最初から最後まできちんと見ないと効果がないんだ」と言う。
私はそれに対して、本当に幸せの動画なのか、見て呪われないだろうかとビビりつつ、
相手の言う通り最初から最後まで動画を見た。

この夢を以下のように解釈しました。
呪いの動画=これまでの私の失敗パターン(呪いのごとく繰り返す)
それが幸せの動画に変化=失敗パターンを吉に転じることができる。
ただし、そのためには最初から最後までそのパターンを直視しなければならない。
ビビりつつも動画を見る私=パターンを繰り返すことへの恐れの気持ちはあるが、
幸せに向かって素直に向き合う姿勢が功を奏すかも?

ロッドに確認したところ上記の解釈で良いそうです。
起きた直後は「私、低級霊に騙されて呪われたのか?」と戦々恐々としましたが、
動画を見せた存在は私のハイヤーセルフとのことでした。良かったw
(念のため、セカンドオピニオンを求めようとは思っていますが)
私が失敗パターンをなんとかするべく動き出したので、ハイヤーセルフがそれに呼応したのでしょうか。
そうだったら良いなあ。

お年玉企画、助けられつつ楽しませていただいています。
nicoさんありがとうございました!

節目を迎えて

年明けに更新しようと思っていたら、あっという間に1月の3分の1が終わってました(驚)。

というわけで、遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年でパンドラ、ぐれん歴10年目に突入です。
年明けすぐのORIONに「頭を強くする訓練は効果が出るのに10年かかる」と
書かれていたのを読んで思い出しました。

頭、強くなりましたかねえ…。
昔パンドラの中で
「理想の社員は『ネアカ、のびのび、へこたれず』である」という一文を読んで
「ネクラ、くよくよ、へこたれる」な自分に暗澹とした記憶があるのですが(爆)、
昔よりその要素がマシにはなっかたなあとは思うので進歩なしではないのかな。
しかしまだ「そんなしょうもないこと気にするんかい!」と自分で自分に思うこともあります。
改めて、一生かかっても良いので地道に歩んでいきたいなと思ったのでありました。
今年はやりがいのあるイベントが多そうなので、楽しみつつやっていきたいです。



気になったので「ネアカ、のびのび、へこたれず」の記事を再読しました。
<職場のあれこれ>(2011年2月17日)
その記事の最後の<再び「理想の職場」>を読んで、今私は魂のレベルでの理想の職場にいるなと思いました。
・業務中にケースバイケースで対応しなければならないことがよくあるので、嫌でも考えなければならない。
・一癖ある上司と付き合う中で精神的にも鍛えられている…はずw
(しかし対応し慣れている先輩方を見ているとまだまだ自分は青いのぅ…と思う。)
・相談に乗ってくれる親切な先輩方がいる。
・先輩方のおかげでやれているところが多々あるので、感謝しつつ先輩の手を煩わせないためにも賢くなりたいと、心の姿勢を「↑」に持って行くための機動力の一つとなっている。

今の自分が自分を鍛えるのにちょうど良い環境なんだと改めて感じました。
「頭と心を鍛えていく」という意識がミの次元まで到達したからではないかなと思います。
だから、それがちょうど良い塩梅でできる環境が実現して行っているのではないかなと。
もしそうであればありがたいことです。

Recent Pics