FC2ブログ
See more details
Title List

真剣さと進歩

一昨日の冬至の日に「願望リスト」と「断ち切りたいことリスト」をガーッと作成し、昨日もパラパラとそれらのことを思いついたので、それもノートに追記しました。

その作用だと思うのですが、昨日無性にいつも行っている体操の本を読みたくなりました。
実はその本、かなり前に買ってはいたものの体操のやり方のあたりだけしっかり読んで、後のところはザッと読みで済ませていたのでした。
そのため初めて一からしっかり読んでみたところ、私は4つあるうちの体操の一つがほとんどできていないに等しい状態なのだということがわかりました。
その本は体操のやり方を山登りに例え、理想形を「10合目」とした上で、まだそこまで行き着かない状態を「3合目」「5合目」などとして、段階を踏んで理想形に近づけるよう作ってくれています。
私のそのほとんどできていない体操は、3合目に到達しているかすら怪しい状態のようです。

そこで、その体操の前に本で紹介されている補助体操を組み込んで、特に硬くなっている筋肉を伸ばすことにしました。
その上で、体操を行う頻度も本で推奨されている朝晩に第1〜3体操を2周し、第4体操で締めくくる方法をやってみることにしました。
以前はそこまでやる余裕がなかったのですが、今はやろうと思えばできることと、体調を整えて体力を増すことを最優先事項にしているのでやってみます。

ほとんど進歩していなかったらしいその体操ですが、「やらないのと同じ」というわけではありません。
やらなければ筋肉はさらに硬くなってしまっていたので、「やらないよりはマシ」という状態でした。
しかしさらに真剣に取り組めば進歩できるので、進歩を志すことにしてみました。

これ、思考力や判断力を上げること、物事を分かることも同じような仕組みだと思いました。
というか、「何かを行うこと」全てに言えることだなあと思います。
物事を分かることについては、ぐれんや冊子を読んで自分なりに思考しているつもりではあるけれど、真剣さのレベルが低くて「やらないよりはマシ」状態になっていないか、改めてチェックしてみようと思いました。
現時点で思うのが、私の場合、特に自分が苦手な分野については「取り組んでないよりマシ」程度の進歩で、苦手をしっかりと対策し、克服しつつ進歩するまでに至っていないのではないかなということです。
今一度しっかりとチェックしてリスタートの波に乗ろうと思います。

スポンサーサイト



冬至の過ごし方

今日が冬至なのを思い出したので、冬至について思いつくままにロッドで調べてみました。

二至二分は波動を高めるチャンスですが、その中で冬至は「リセットとスタート(リスタート)」に適した日です。
月の満ち欠けで言うところの新月に似た感じです。
新月のように「この日に願ったことが叶いやすくなる」という効果はありませんが、冬至の日に自らの望みを改めて明確にし、心機一転を図ることで実現への流れに乗りやすくなります。
また、悪習慣を断ち切るのにも向いた日なので、それについて意識化してみるのも良いです。

ゆず湯の効果として知られている邪気払いは霊的な効果はありませんが、身体的には効果があります。
南瓜といった「ん」の2つ付く食べ物を食べることは、食べるだけでは運気UPの効果はありませんが、冬至という節目を意識化し心機一転を図るトリガーとして用いることはできます。

(鑑定結果ここまで)


令和になって様々な動きが激しくなっているので、冬至を機に一度自分とその周囲を見直してみるのは良いかもしれません。

BSWと金属(12/12追記あり)

BSWを作る際、金属の蓋はNGという情報があります。
その情報からなんとなく金属に触れるとダメなんだと思い可能な範囲で金属を避けていましたが、ロッドで確認してみれば良いのかと思い立ち、やってみました。

◆鑑定結果◆
BSWは特定の金属に触れると波動が変わり、BSWとしての効果を発揮しなくなります。
具体的に、日常で用いる可能性のある金属を調べてみたところ以下の通りになりました。

<波動が変化するもの>
・銅
・錫
・鉄(5分以内の接触であればOK)

<波動が変化しないもの>
・アルミニウム(アルマイト加工をしたものを含む)
・ステンレス
・チタン

鑑定を思い立った理由がステンレスの水筒ってどうなんだろう?だったので、問題なさそうで良かったです。

<12/12追記>
ご質問をいただいたので鑑定した結果を回答します。

Q.波動は下がるだけ?
A.下がるだけです。現存する金属の中でBSWの波動を上げるものはありません。
良くて現状維持です。

Q.ステンレスは鉄を主成分に他の金属を混ぜたものだが、鉄との違いは?
A.鉄に他の金属を混ぜることによって表面に皮膜ができ、それが錆びにくさの元となっていますが、その皮膜が違いになります。
鉄は5分を超えてBSWと触れることで水の波動が低下するのに対し、ステンレスの皮膜部はBSWの波動を下げることはありません。

1つ目の質問は完全に盲点でした。
当初の鑑定時は「変化=低下」という意識が無意識のうちにあったので、「変化=上昇」の可能性を調べることを見落としていました。
思い込みには要注意ですね。
ご質問、ありがとうございました。

パンドラで紹介されていた理想の新入社員「ネアカ・ノビノビ・へこたれず」を想像する時に大抵男子を思い浮かべていたのですが、昔の女友達にいたなあと思い出しました。

その友達、バリバリの純日本人にも関わらず外国人男性名のあだ名で呼ばれていたので「ジョニーさん」とします。
ジョニーさんは私より数歳上の大阪人のお姉さんです。
高校3年生の時に突然医学部を志したそうで、何浪かしていたところで出会いました。
その後さらに何浪かして、努力が実り医学部に合格しました。

というわけで多浪生だったジョニーさんですが、その年の受験がダメでもへこたれているところを見たことがありませんでした。
私の知らないところで落ち込んでいた可能性がなきにしもあらずですが、日頃から竹を割ったような性格だったので、もし落ち込んでいたとしてもサクッと落ち込んでサクッと立ち直っていたんだろうなと推察しています。
私が知っている限りでは「まあまた来年頑張るわw」くらいのノリで、また淡々と勉強に励んでいました。
まさにネアカ・ノビノビ・へこたれずだったなあと今となっては分かります。
家が裕福だと聞いていたので、金銭的なプレッシャーがないために淡々と勉強に打ち込めるという面もあったと思いますが、何浪しようとも諦めずに合格するまで続けられたのは本人の素質の良さだと思います。
友達付き合いをしていた当時は「明るくて面白いお姉さん」くらいの認識しかありませんでしたが、実は凄かったんだなあ…と今になって分かりました。
ネアカ・ノビノビ・へこたれずを目指すにあたっての良い例が身近にいたことがわかったので、へこたれそうな時はジョニーさんを思い出すことにします。

ということに思いを馳せていた時にあやにゃんさんのこの記事を読むに至りました。
ジョニーさんの逞しさは大阪人ゆえ、というところもあったんだろうなあ。

<12/10追記>
この記事を更新した晩、お風呂の湯船に浸かっている時にふと「楽しんだもん勝ち」という言葉が浮かびました。
日月神示で言うところの「楽しむと伸びる、苦しむと曲がる」というやつだなと思いました。
ジョニーさんの心の姿勢に通じるものがあったので追記しておきます。
より高いレベルで楽しんで、伸びていきたいものです。

Recent Pics