FC2ブログ
See more details
Title List

成人期3段階について

私は成人期3段階です。
以前あやにゃんさんが同じ成人期3段階のバブさんのことを書いていたのを読んで、
書いていることがちょっとわかる気がすると思ったのを機に
成人期3段階について考察中です。

今のところ自分自身、私の祖母(成人期3戦士)の他、
あやにゃんさんの上記の記事、ORION81号人物鑑定(成人期3職人)を
サンプルにさせてもらっています。

以下、現時点で考察したことをつらつらと文章化してみました。
(魂のチャートからの引用は青字にしています)


まず総括的には、3段階なので若年期の特徴が抜けて
しっかり成人期になってきた頃合いですが、
まだ成人期の特徴を使いこなせないでいる段階だと思います。
成人期の特徴にややもすると振り回される感じです。
3段階の特徴として内省的で非常に内気とありますが、
その段階としての自分自身を使いこなすことに意識が向くからだと思います。

成人期3段階独自の特徴としては
物静かだが、内面は激しい。
物質的にはあまり成功しない。苦悶する。

と書かれています。
これは、成人期になって「私は何者か?何のためにここにいるのか?」と問い始めたり、
他人のことをまるで自分自身のように感じるようになるので
生きていく上で精神的に処理しなければならないことが増えますが、
3段階はまだその処理をするだけで精一杯なので外にそれを表現できず、
自分の内側でカオスな状態になっている…ということではないかと思います。
そして、自分の内面の処理で精一杯なので物質的な成功への行動に
至ることが難しい、ということなのかなと思います。
激しい内面を処理しきれず外界と衝突するために成功しない、というのも
あるかもしれません。


そして、成人期の特徴として
人と人を分かつ境界が薄れていき、その認識力のせいで混乱することもある
とありますが、3段階はこの認識力を使いこなせずに
混乱するパターンが多いんじゃないかなと思います。

そして、混乱してしまうと
・人と同じであることに安心する(混乱しないで済むので)
・他人と同化してしまい、本来の自分を見失う危険性がある
・自分=他人になりがちなので、自己中心な善意の押し付けを他人にしてしまう
・違う意見の他人に対して「自分のことを分かってくれない」という気持ちになる
・他人の感情を自分のことのように受け取ってしまうので、
人に嫌な思いをさせると自分も辛い→自分が我慢すれば良い という思考回路になる
(しかしその「他人が嫌な思いをする可能性」というのも自分の尺度で判断している)
などなど、面倒くさいことになることもあるかもしれない(あったかもしれない)…
と、思います。


人と人との境界の問題は情緒不安定になっている時に特に強く現れるそうです。
情緒不安定な時はそんな自分をもう一人の自分が冷静に見られることが大切ですね。
あと、成人期の自分には自他の境界の薄さによる多少の混乱はつきものなのだと認識して、
どうすればその混乱を最小限に収められるかに意識を向けるのが良いように思います。

また、自分が自己中心であることや自他を混ぜてしまう傾向を自覚し、
自分と他人を分けて考えることを常日頃から意識することが
きちんと思考して心が動かないようになるために必要なんだろうなと思います。

ifさんが以前「成人期は一番面倒な年代かもしれない」
というようなことを書かれていたのがようやく分かってきた今日この頃です。
スポンサーサイト



COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント