FC2ブログ
See more details
Title List

前世探索その後2「君の名は」

先月の中頃、台所のテーブルの上に花が飾られていました。
我が家では台所のテーブルに花を飾るということはしないので珍しいことです。
花瓶ではなく日本酒のワンカップの空瓶に生けられているあたり、
恐らく父がどこかで手に入れて飾ったんだろう、
それにしても何の花かな、綺麗な花だなと思いました。
その後、テーブルはすぐに食べ物でいっぱいになるので、勝手に玄関に移動させました。

それから数日後、玄関に居合わせた母にその花の名を聞いたところダリアだと教えてくれました。
早速ネットで調べたところ、生けられていた花と同じものがヒット。
そうそう、これです。
shutterstock_150453260-480x320.jpg
テーブルにはいろんなダリアが生けられていたけれど、
この色と形のものが特に印象に残りました。

ネットの解説を読むと、フランス革命直後に流行した花だそうで、
花言葉は「栄華」「不安定」といった当時の世相が反映されているそうです。

リュケイオン1の解答を終えて半月足らずぐらいの時期だったこともあり
これはまたサインだなあと思いました。
そして、ワンカップの瓶に入れられていたせいかなんだか墓前に飾る花に見えてきて、
ルイ16世の供養?と思ってしまいました。
前世探索が一段落ついたので、それが自分の中のルイの供養となっており、
それが現象として現れた、といったところかもしれないと思いました。

ちなみに、「どこで手に入れたんだろうねこの花」と母に言ったところ、
庭の片隅に毎年咲いていることを教えてくれました。
し、知らなかった…。
自分が気付いていないだけで、前世のピースは案外自分の近くにあるものなのだと
教えてもらった気分です。
気付くタイミングはおそらく上の存在がちゃんと計ってくれているだろうから、
気付ける自分を常に準備しておかねばと思いました。

それにしても、フランスの前世を追っていたせいか
自分の中でフランスがちょっとしたブームになってまして、
次の前世探索が捗ってない現状がありますw
証拠は少しずつ出揃っているので、そろそろ来月のリュケイオン2に向けて
いざ行かんドイツへ!
スポンサーサイト



COMMENT

私も

次はドイツに行きますよ。
また「飲食物関係の職人」だけどw
楽しみだねぇ。

2016/12/18 (Sun) 10:57 | あやにゃん #- | URL | 編集 | 返信

おお

あやにゃんさんもドイツなんですね。
飲食関係の職人のお話、楽しみにしています!
私は時代までは特定できているものの
人となりはまだしっかり見えていませんで、
こちらもまた「君の名は?」状態になっています。
どんな前世が出てくるのか楽しみです。

2016/12/18 (Sun) 15:11 | ミモリ #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント